開運大吉懐古堂合同会社

笑っていいとも 加藤紀子出演時の台本!!

ドラマの台本もいいけど、バラエティ~番組が一番!!

 

お昼休みに、ランチを食べに定食屋さんとか、居酒屋さんとかに入ると、決まって、「笑っていいとも」が、テレビから流れていました。

 

 

定食を注文し、オバちゃんが持って来てくれる間にも、テレビに釘付け。

 

なぜなら、番組の最初の方には、「テレフォンショッキング」があり、ほとんどがアドリブで、芸能人が登場しては、次に出る芸能人を、電話してアポを取ると言うスタイルだったので、次は誰なんだろうか?ということに、関心が注がれたのです。

 

たまに、一般の人が次々に登場することもあり、笑えましたね。

 

定食を食べ終わる頃には、「テレフォンショッキング」は、終わり、次のコーナーに入っているのですが、曜日によってレギュラーが違い、面白いレギュラーの時は、じっくり見ますが、そうでない時は、爪楊枝を銜えながら、横目でチラチラと眺める程度でした。

 

 

 

連絡を取るのが大変だった!!

 

「テレフォンショッキング」は、初めの方にゲストが出て、次はどなたを紹介いしますか?と言う段になると、○○さんに連絡を取りたいけど、電話番号がわからない!と言う状況が、ちょくちょくありました。

 

そこで、連絡を取るためのスタッフとして、テレフォンディレクター・ブッチャー小林なる人物が、当初登場して、事務所に連絡したりして、ご本人と何とか連絡を取るのですが、たまに、連絡がすぐに取れないケースもありました。

 

 

☝次のゲストに連絡を取りたかったが、どこにいるかわからず、代わりに次のゲストのマネージャーに承諾を得る回の動画

 

生放送だったので、「テレフォンショッキング」のコーナーでは、連絡が取れずに、次のコーナーに入ってからとか、もう番組自体が終わる寸前に連絡が取れたなどがあり、ヒヤヒヤ、ドキドキもんでした。

 

そんな懐かしの「森田一義アワー 笑っていいとも」の台本になります。

 

 

 

 

 

人気の加藤紀子氏も月曜レギュラーで出演!!

 

今回、月曜レギュラーの加藤紀子氏が出演している、1994年12月5日月曜日の回の台本になります。「早押し目指せマダンナ!!」や「一文字新意味言う之助」のコーナーにも参加されております。

 

 

☟こちらは、レギュラーとしてではなく、ゲストとして登場した回の動画です。

 

 

台本には、月曜レギュラー陣の配置図も記されております。出題ボードや成績ボードの位置も載っていて、何となく、当時を思い起こすことができますね。

 

 

そんな懐かしの「笑っていいとも」の台本を、コレクションに加えてみませんか?

 

ショップを見る

関連情報

レトロなお宝ショップ | 開運大吉懐古堂合同会社

開運大吉懐古堂合同会社

【開運大吉懐古堂合同会社】では、子どもの頃に誰しもが遊んだ経験のある思い出のアイテムを取り扱っております。大人になった今でも楽しめて、あの頃にタイムスリップしたような気持ちになれるはず。お家に飾ることができる人形から、友達と一緒に楽しめるメンコやカード類など、種類豊富に販売中です。懐かしい気持ちを思い出してみませんか。

屋号 開運大吉懐古堂合同会社
住所 〒344-0032 
埼玉県春日部市備後東6-6-14-3
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日・日曜日・祝日
代表者名 渡部 雄司
E-mail info@kaiundaikichikaikodou.com

コメントは受け付けていません。

特集